高校に進学したいのですが、我が家にはお金がなく行けそうにありません。

高校に進学したいのですが、我が家にはお金がなく行けそうにありません。

どうすればいいでしょうか?

私は中学2年生です。

先日、三者面談があって、親が先生にお金がないので高校には行かせませんと言っていました。

私は高齢出産で産まれたので親はもう60近くです。年金を頼って生活しています。

定時制は女の子だからダメと親は言います。

やっぱり諦めるしかないのでしょうか?

回答1

大学と違い、高校の学費は気にするほどかかりませんよ。

もし働いて生活を助けないといけないほど苦しいのであれば難しいかもしれませんが、そうじゃなければ行けると思いますよ。

学費はアルバイト代でも払える額だし、申請すれば全額免除になる可能性もあります。

また奨学金という手段もあります。

それでも無理ならば、中学生でも新聞配達はアルバイトしてもいいんです。学校に聞いてみてください。

生活費を稼がないといけないのなら難しいけど、そうじゃなくて自分で稼いだ分は学費に使えるなら行けますよ!

回答2

奨学金という手もあるけど、公立高校だったら各家庭の所得に応じて授業料の減免制度があると思います。先生に相談してみてください。

私は20年ほど前に、奨学金と減免制度、アルバイトで全日制の高校を卒業しました。難易度は下げたけど、大学にも行けましたよ。職業科であれば就職も有利だし、資格が取得できてさらに上への進学に結びつくこともありますよ。

一人では難しいので応援してもらえる先生にしっかり相談して可能性を広げましょう。

応援していますよ。

回答3

私も家が裕福でなく、私と弟は祖父母が親代わりとなって面倒みてくれました。

私はなんとか卒業できましたが、弟が高校在学中に家計の状態が悪くなり、奨学金制度を利用し、なんとか無事に卒業できました。

高校は義務教育じゃないから、小中学校より学費が高くなります。でも公立でも私立でも奨学金制度はあるはずです。

奨学金にもいろいろな種類があり、借りた学費を返さなくていいものや、就職してから分割で返済するものなどがあります。

私の弟は返さなくてもいい奨学金を利用しました。

高校入学の際の入学金、制服代、教科書代が支給される奨学金もあります。

定時制の高校は日中働くことができるメリットがありますが、卒業までに4年ほどかかりますし、いろんな年齢層の人が来ているので女の子であるあなたを行かせたくないという親御さんの気持ちは分かります。私も定時制よりは全日制の高校をおすすめします。

時間のあるときにアルバイトをして家計の足しにしてもらったり、自分のものは自分で買ったりしたらいいと思います。

やはり中卒と高卒では大きな差がありますからね。

あなたの親も本当は高校へ行かせてあげたいという気持ちもあるのではないでしょうか?

年金以外にも生活保護とか家計が厳しい家庭を助ける制度はあるはずです。頼れる制度があって、それを使えるなら大いに使った方が、あなたや家族のためになるはずです。

まずは学校で先生に相談してみてはいかがでしょうか?奨学金制度のことなど教えてくれるはずです。諦めるのは早いですよ。

あなたがどうしたいのか親や先生に伝えましょう。必ず道はあるはず。諦めるなんて言わないで、頑張ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加