『塾に行かせるお金がない』私は中学3年生で、塾に行きたいのですが親にお金が無いと言われています。




私は中学3年生で、塾に行きたいのですが親にお金が無いと言われています。

姉には私立へ行かせ、中退して通信制の高校に転じるまでお金かけているのに、私には

もうお金ないからと言うのです。

姉にお金をかけ過ぎているだけで、私には関係がないと思います。

逆に私が塾へ行かなければ私立高校に入ることになってしまい、弟の学費までも払えなくなるのではないかと思います。

私の同級生の中で、まったく勉強ができずに勉強方法や内容などを理解していない子がいました。

その子がとある塾へ行きだした途端、見違えるほどの優等生になりました、

その子を見て、私もその塾へ行きたいと思ったのです。

今の私の学力が低すぎて、偏差値40くらいでないと受からないでしょう。

そんなのは嫌です。

自分も馬鹿で、周りの人間も馬鹿だということですよね。

せめて偏差値50くらいの高校へ行きたいです。

姉からは、自分のせいで私の学費が足りないということをかき消したいからか、オール3であればいけるんじゃないか?とか、高校のハードルを下げればいいんじゃない?とか、私が親から塾へ行くことを反対するようにを説得してきます。

本当に私は塾へ行きたいのです。

塾は駄目というのならば、もう勉強をしません。

姉をひいきする親、お金のことしか考えていない親のために勉強なんてしたくありません。

どうすれば塾に行かせてもらえるのでしょうか。

学校の先生に教えてもらえればいいとか、安い塾へ行けばいいとか、高校のハードルを下げればいいとか、そんな回答はいりません。この質問の答えになりませんから。

回答1

あなたが言うように、姉にお金をかけすぎているわけではないのですよ。

あなたの親は、お金の使い方が下手で馬鹿なだけなのです。

諦めてしまうか、お金かからない勉強方法で伸ばすしかありません。

お金がないということは、しなくていい苦労をすることですからね。

さっさと割り切りましょう。

回答2

お金がなかったらを塾代を支払うことはできません。

それだけの話かと思います。

その中でやりくりできるかどうかは、親次第なので、ここで何かの解決策がないかと言われても困ってしまいますね。

あなたが塾へ行く方法など、親からお金を出してもらうしかないですから。

回答3

お金については、家庭ごとに事情がありますので、本当にお金がなくて塾へ行かせてあげられないのかもしれないですから何とも言えませんが、本当にあなたが通いたいのなら、塾だ塾だと言わず、まずは自分から家で勉強を始めることが一番でしょう。

しかし、偏差値40ということは、自分で勉強をしようとしても問題集を開いてもまったくわからないというか、ひとりでは勉強ができないということはありませんか?

その時に親から教えてもらったらいいのです。

自分で考えろとか、忙しいとか言われるかもしれませんが、そこで粘り強く、わからないから聞いているだけなのに、教えてくれないならできない。塾に行かせてくれないのなら手伝ってよ!と、親に勉強を教えてもらうように言いましょう。

学校の先生に教えてもらえ、とか言われるかもしれないですが、学校の先生なんていうのは授業以外ではまったく勉強を教えてくれないですし、授業以外でそんなことをしたらいじめの対象になってしまうかもしれないので、そのことを言って、親があなたを教えるように

仕向けてしまいましょう。

ある程度、勉強のバランスがとれてきたら、親もお姉さんを私立へ入学させたくらいですから、勉強に無関心という訳ではないと思いますので、塾に通うことを認めてくれるかもしれません。また、もし親があなたに勉強を教えられなければ塾に通えるかもしれませんよ。

親と勉強を始めとなると、親は結構厳しいと思うので、こんな問題もわからないの?とか、馬鹿なのか?とか言われることもあると思いますが、あなたは怒らず、わからないから教えてと言っているのだから、私が傷つくようなことは言わないでと、折角の勉強への意欲がなくなってしまう、そんなことしか言えないのなら、塾に通わせてほしいと言うのもひとつの手ですよ。

ただし、本当にお金に余裕がないのであれば、そこはやはり我慢して塾を諦めるしかないのだと思います。

回答4

中学3年生女子の父親です。!

塾へ行きたいのにお金がないという理由で行かせてくれないなど。

我が家も受験生の娘がいるので、その気持ちがわかるといいますか。

お金のことは家庭によっても違いますし、景気も決していいわけではないですから、ご両親も大変なのではないでしょうか。

あなたはお姉さんを私立へ行かせたのにと言っていますが、家計状況も変わってきますから、あなたがどうこうというわけではないのだと思いますよ。

確かに焦りがあるから行きたい気持ちはわかるのです。

しかしだからといって、塾へ行かせてくれないのなら勉強はしないと言ってしまうのはおかしいですね。

勉強というのは自分自身のためにするもので、高校へも自分のために行くものでしょう。

だとすれば、塾へ行かせてくれないなどという不満はあると思いますが、今与えられている環境の中で、最大限の努力をするべきなのではないでしょうか。

お金の事情で高校ですら行けない子もいるのですから、そういう後ろ向きな考え方はやめるべきなのではないでしょうか。

塾へ行けなくても努力している子は沢山いるのですよ。

どうか、あなたの後悔のないように頑張ってくださいね。

回答5

自力で勉強をして少しできるようにして、成績が少しでも上がってから頼んでみれば、おそらく大丈夫でしょう。

親してみれば、自力で頑張る気がない子どもには、どうみてもお金を出すことは嫌だと思います。

親は今まで、中学1年生から中学3年生まで、というか子供の人生すべての行動を見ています。そして塾に本当に行く気があるのであれば、自力で勉強をするはずだと判断しています。

自力で頑張っても足りない場合、そこで初めて塾などが意味を持つのです。

塾はあくまでサポートなのですよ。

関係ありませんが、あなたを養ってるのは親なのです。

反抗期もわからないではないですが、親への感謝は必要ですよ。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加