『塾に行かせられない』子どもを塾へ行かせていないと言うと、みんな行っているよとか




子どもを塾へ行かせていないと言うと、みんな行っているよとか、親としてそれくらいしてあげたら?と言われるのですが、何故でしょうか?

もうすぐ子どもが中学生になります。

最近になって、塾の話などが出てきます。

塾は夜遅くなって、勉強のことばかりで疲れてしまうだけのような気がして、私は子供を塾へ行かせる気がないのです。

子どもに対しても塾へは行かせないと伝えていますが、特に行きたいとも言っていません。

そもそも塾へ行っている子のほうが頭がいいかというと、そうでもないのに、なぜ自信満々に塾をすすめてくるのか意味がわからないです。

勉強は学校でするべきなのではないですか?

もちろん最初のテスト勉強のときは、試験のための勉強方法は私が教えようと思っていますが、あとは子どもが自分で勉強するしかないと思うのです。

別に塾へ行かせることは自由だと思うのですが、行かせないことについて、なぜ否定をされないといけないのか?

もちろん優しく、私のことを本当考えてくれて、中学生の今の塾事情を言ってくれる人もいます。

しかし、ほとんどの人は変人扱いしてくるというか、親失格みたいな反応をしてきます。

そこまで私は変人なのでしょうか?

回答1

中学3年生の女子です。

私も塾へは行っていないです。

中学生は塾に行かなければならないなどという決まりはないのです。

学校でも最低限の授業はしてくれるのに、高いお金を払ってわざわざ塾へ行くなんてもったいないです。

目指している学校がとてもレベルが高いだとか、将来、総理大臣になりたいなどと本気で思っているから勉強したいという理由があればいいと思いますが、ほとんどの人は今日も塾か、マジで嫌だ。と言いながら行っているわけですから、本当にもったいないことだと私は思います。

行きたくない塾に毎日行って、学校と塾の宿題両方に追われ、楽しいことも満足してできずに寝不足な日々を送る生活と、塾へ行かずに自己責任で勉強して趣味などを楽しくできる生活、どちらのほうが魅力的ですか?

塾へ行っても成績が伸びない人は伸びないです。

しかし塾へ行っていないのに、塾に行っている人と同じような成績をとれる人は、それだけ努力家ということであり、上手く時間を使える人であって誇れることでしょう。

つまり、お子さんが塾へ行きたいと言ったら行かせるということでいいと思います。

塾だけではなく、通信教材や家庭教師など、いろいろ選択肢はありますから。

回答2

私は塾で講師アルバイトをしています。

あまりにも勉強ができなくて、勉強の習慣がないのならともかく、そこそこ真面目に勉強ができているのなら、無理に塾へ行かせる必要はないでしょう。

本人が焦り始めて、塾へいきたいと言うのなら行かせてあげたほうがいいと思います。

自分から塾へ行くことを決断した子は、驚くほどに成績が伸びています。

回答3

子どもが行きたい学校があって、自分の勉強のやり方だけでは不安と言ったので塾へ行かせました。

成績としては問題なさそうだったのですが、学校での進路指導だけでは不安だったと言った方がいいのかもしれませんね。

今では、最初に行きたいと言った学校よりもさらにレベルが高い学校に入っていますが、そこを教えてくださったのも塾の先生なのです。

成績ありきではなく、絶対にここが向いていると教えていただき、子供にとって本当にそうだったみたいで、毎日楽しそうにしていたため、とても感謝しています。

学校はよく相談には乗ってくれましたが、偏差値がなくなったため、情報量が絶対的に足りないと感じます。

そういうことを感じていない、今あるだけの情報で十分だ、子供も自分自身で努力が出来るということでしたら、他人の言うことには振り回されずに、思うようにされたらいいのではないでしょうか?

そもそも自信があるのなら、他人に何を言われたとしても気にせずにいられるのではないですか?

気になってしまうということは、文字通り、気になるのではないですか?

いくつか塾へ見学に行くなどされてみてはいかがでしょうか?

自分で勉強する仕方を教えてくれる塾もありますよ。

回答4

塾へ行っても伸びない子は伸びないのです。

私が思うに、強制的に勉強をさせても頭に入ってこないです。

お子さんが勉強をしたくなって、図書館などに言って勉強をしたほうが頭に入りやすいと思うのです。

高校に入ったら塾なんてほぼいかなくなりますので、そのときに自分で勉強する仕方がわかっていたほうがいいと思います。

回答5

考えすぎではありませんか。

もちろん塾へ行っても成績が悪い子もいます。

逆に悪ふざけばかりしているのに、テストでは90点以下を取ったことがない子もいます。

塾にもよると思いますが、レベルが高い学校を目指す家庭の子はよくできる子なのに、塾に行ってほぼその集団の中で互いにしのぎ合っているだけなのです。

勉強が嫌いな子は、塾に行ったとしても最低クラスで、ただなんとなく通っているだけです。

人は人です。

薦めてくる人というのは、その塾が本当にいいと思って宣伝しているだけです。

興味がないなら、そうなんですかという程度に聞いていればいい話です。

高校入試の難易度というのは、校区レベルもいろいろとあるため、何とも言えないのが現実です。

私の子供が通っている校区では、聞いた話によるとオール3を取ってしまうと公立高校はほぼ無理な状況だそうです。

そうなると、周辺の地域まで認められる範囲内で越境受験をしてしまうか、私学専願をするしかなくなってしまいます。

なので、うちの近所では塾通いしている子はほとんどです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加